TOP > オーズキャピタル・パブリッシング > ステーツマン > 『ステーツマン』立ち読み 第901〜960段落

『ステーツマン』立ち読み 第901〜960段落

本ページで『ステーツマン』 第901〜960段落を立ち読みいただくことができます。

本ページの前後の部分は電子書籍(Kindle版)または単行本でお読みいただけます。電子書籍は下記のリンクからアマゾンにて『ステーツマン~宋子文1927』をご購入ください(Kindle unlimitedで無料で読むこともできます)。

単行本については、本作は『小説集カレンシー・レボリューション』に収録されていますので、下記のリンクよりアマゾンにてお求めください(『小説集カレンシー・レボリューション』には関連した長編小説1本、中編小説1本の合計3本の作品が収録されています)。

全文は
でお読みいただけます。

「どうなんだ。答えてくれ。いまここではっきりと聞かせてくれ」

「好きよ。結婚したいわ。心からそう思っている」

 子文は立ち上がった。

 車に戻りドアを閉め、ふう、と息を吐いてから、いった。

「It's all settled(全て終わったよ)」

10

「久しぶりだな。風を感じるのは」

 一九二七年七月十二日。子文は長江を遡る汽船の舳先に立ち、正面から強く吹く風に向かっていった。

 去年の暮れにも長江の船上で風の声を聞いた。あれは広州をでて武漢に初めてはいる日のことだった。思えばあのあとすぐに自分の歩みはとまり、風もぱたりとやんでしまった。しかしいま、子文の額には真夏の風が一層強く吹きつけている。

 この旅は軟禁状態からの逃避行ではない。子文は蒋介石の命を帯びて、武漢政府に降伏を勧告する使者として長江を遡っている。

 子文が南京に合流すると決めてからまだ一ヶ月も経っていない。しかし蒋介石は子文の翻意の可能性を微塵も考えずに使者に指名した。

 むろん、子文の意志は揺らがない。蒋介石は子文の目をみただけでそれを確信したのだ。

 右前方に漢口租界のヨーロッパの街並がみえてきた。上海をでてから三日目である。

 乗客が全身をのばしながら、

「やれやれ、ようやく着くのか」

と、ひとりごとにしてはやけに大きな声でいっている。

 子文はそれとは逆に、これから始まる長い旅を予感し、ようやくその第一歩を踏みだすのだ、と思っていた。

全文は
でお読みいただけます。

 このとき宋子文は蒋介石に宋慶齢への私信を託されている。

 そこには、

〈夫人が上海にこられることを待つこと、雲霓(うんげい)を待ち望む如くです〉

と記されていた。蒋介石は愛を訴えるかのようなことばで慶齢の南京政府入りを望んだのだった。

 しかし宋慶齢はこれを頑なに拒否する。

 一方で、武漢政府の支配地域の経済状況がますます悪化するなかで汪兆銘ら武漢政府中枢のほとんどは抵抗の気力を失っていた。汪兆銘は南京政府の使者として訪れた宋子文に対し、蒋介石下野を条件として、南京政府に合流する意思があると伝えた。

 七月十五日。武漢政府は共産党との決別を宣言し、大量逮捕、集団殺戮など共産党員の粛清を開始した。孫文が始め、四年弱にわたって続いたいわゆる〝第一次国共合作〟はここに終了したのである。

 八月十三日に蒋介石がいったん下野し、九月九日に汪兆銘、孫科らが武漢を離れ上海にはいった。同十一日、十二日の二日にわたって会議がおこなわれ武漢派と南京派に西山会議派(上海を本拠とする右派グループ)を加えた三派の連携が成立する。

 しかし宋慶齢は、武漢の共産党員粛清のあと、しばらく上海モリエール路の自宅に籠り、八月下旬、密かに貨物船でソ連へと発った。出立後に声明をだしたが、それは社会・経済体制のありかたを論じるというよりも、孫文の思想に忠実であれと訴えるものであり、すなわち宋慶齢はこの声明によって国民党の政策変更の問題点を糾弾しようとしたのではなく、時間の経過とともに薄れてゆく孫文の影を護ろうとしてもがいていたかのようだった。

 孫文の思想にというよりも、孫文への愛に殉じようとしたといっていいかもしれない。

全文は
でお読みいただけます。



 

小説集 カレンシー・レボリューション

近代外交経済小説の表題作および『ステーツマン』『上海ノース・ステーション』の三篇を収録

2017年5月15日刊行

アマゾンで購入↓


朱紈

連作『倭寇の海』第一弾。嘉靖大倭寇に最初に挑んだ英傑、朱紈の物語。東洋一の密貿易基地で海賊の巣窟、双嶼を攻略する……

2016年2月18日刊行

アマゾンで購入↓


上海エイレーネー

キャンパスの花は魔性の間諜か?平和の女神か?

2014年1月18日刊行

アマゾンで購入↓


カレンシー・ウォー 小説・日中通貨戦争


ご購入は以下からどうぞ

アマゾンで購入↓

Copyright(C) since 2011 OZ CAPITAL LTD. Privacy Policy