上海エイレーネー
TOP > オーズキャピタル・パブリッシング > 上海エイレーネー

上海エイレーネー

校花(キャンパスの花)は魔性の間諜か?平和の女神か?
美人スパイ、鄭蘋如をモデルにして、魔都上海の特務工作戦と
日中和平工作秘史を描く歴史ドキュメント小説


単行本: 424ページ
ISBN : 978-4-434-18769-8
発行日: 2014年1月18日 初版
著 者: 大薗治夫
単行本定価: 1800円+税
単行本→ 
電子版→ 


本作をお読みいただく前に

「上海エイレーネー」=上海の平和の女神。すなわち本作は、上海を舞台とした平和の物語です。 本作の主人公は実在の女性、鄭蘋如をモデルとしています。 鄭蘋如は複数人の回想録にも「絶世の美人」「これほどの美人はいまだに見たことがない」などと記述されている女性で ……

あらすじ

太平洋戦争前夜の魔都上海。中国政府高官の父と日本人の母をもつ美人 女子大生、趙靄若は、さまざまな経験を経て優秀な特務工作員へと育っていく。 日本と中国との狭間で苦しむ彼女は、日本と蒋介石政権との間の和平を目指し 活動を始めた……

主要登場人物


モデルとした人々のこと

本作はもちろんフィクションだが、登場人物のほぼ全てが実在した人物をモデルとしている。 その登場人物の名前をどうするか、つまり、実名とするか仮名とするかでずいぶんと悩んだ……

著者ブログから

小野寺信・百合子夫妻と鄭蘋茹

上海淞滬抗戦紀念館&ツバメ嬢(1937年8月23日の日本軍の上海上陸について)

上海外灘のニーケー(ビクトリア)

ガーデン・ブリッジ(現外白渡橋)

英国総領事館(現ペニンシュラ・ホテル)

キャセイ・ホテル(現和平飯店)

上海クラブ(現ウォルドーフ・アストリア上海オン・ザ・バンド)

メトロポール・ホテルとハミルトン・ハウス

南京瞻園(軍事委員会調査統計局の立地場所について)

日中戦争期の和平工作

蘋如。君はいったい文隆のことをどう思っていたの?

消えた蘋如(1939年12月、丁黙邨暗殺に失敗した蘋如のその後の動きについて)



小説集 カレンシー・レボリューション

近代外交経済小説の表題作および『ステーツマン』『上海ノース・ステーション』の三篇を収録

2017年5月15日刊行

アマゾンで購入↓


朱紈

連作『倭寇の海』第一弾。嘉靖大倭寇に最初に挑んだ英傑、朱紈の物語。東洋一の密貿易基地で海賊の巣窟、双嶼を攻略する……

2016年2月18日刊行

アマゾンで購入↓


上海エイレーネー

キャンパスの花は魔性の間諜か?平和の女神か?

2014年1月18日刊行

アマゾンで購入↓


カレンシー・ウォー 小説・日中通貨戦争


ご購入は以下からどうぞ

アマゾンで購入↓

Copyright(C) since 2011 OZ CAPITAL LTD.