カレンシー・ウォー 小説・日中通貨戦争
TOP > オーズキャピタル・パブリッシング > カレンシー・ウォー 小説・日中通貨戦争

カレンシー・ウォー 小説・日中通貨戦争

天才エコノミストが通貨の力で戦争を戦い、通貨の力で戦争を終わらせる……


単行本: 288ページ/電子版: 1655KB
ISBN : 978-4-9906807-0-1
発行日: 2012年12月1日 初版
著 者: 大薗治夫
定 価: 単行本1800円+税/電子版944円
単行本→ 
電子版→ 

あらすじ

1931年に上海に渡り銀相場で財を成し、上海・天津で通貨間裁定取引を行う柳場賢。不良邦人だがかつて大蔵省一のエコノミストと言われた男だ。柳場は、彼の退官の理由をつくった駐上海英国財務官のE.ホール=パッチが中国の幣制改革を成功させたと聞き、日本軍が北京に設立した中央銀行発行の聯銀券を使い、中国幣制改革により生まれた通貨、法幣の駆逐に乗り出す ……

主要登場人物

著者 大薗治夫(おおその・はるお)

1987年大蔵省に入省し、証券局、主税局、北見税務署長、Inter-American Development Bank 出向等を経て1995年より在上海日本総領事館領事。1998年帰国後大蔵省を退官する。同年より中国情報発信ポータルサイト運営会社上海エクスプ。ローラー代表取締役兼編集長として上海駐在。2011年同退社。著書に「中国を味方にして大成功する方法」(講談社)、編著に上海、北京、広州等の都市別「便利帳」シリーズ(山と渓谷社)など。



関連地図

  -中国広域・上海-南京間地図

  -北京周辺・北京市街地地図

  -天津市街地地図

  -上海市街地地図


著者ブログから

上海競馬場、グランド・シアター、静安寺路

坂だらけの重慶

重慶抗戦遺址博物館へ(2)

チムシャーツイから香港島を望むシーン

北京=槐樹、上海=プラタナス

天津と洪水

天津アスターホテル

5000万円(相当額)紙幣!(米ドル紙幣の変遷について)


上海および重慶のインフレーションの状況
上海および重慶の
インフレーションの状況
法幣の対ドル・対ポンド為替レートの推移
法幣の対ドル・対ポンド
為替レートの推移
法幣・日本円の裁定取引図
法幣・日本円間の
裁定取引概説図

フォトギャラリー北京
フォトギャラリー
北 京
フォトギャラリー天津
フォトギャラリー
天 津
フォトギャラリー上海
フォトギャラリー
上 海

フォトギャラリー重慶
フォトギャラリー
重 慶



小説集 カレンシー・レボリューション

近代外交経済小説の表題作および『ステーツマン』『上海ノース・ステーション』の三篇を収録

2017年5月15日刊行

アマゾンで購入↓


朱紈

連作『倭寇の海』第一弾。嘉靖大倭寇に最初に挑んだ英傑、朱紈の物語。東洋一の密貿易基地で海賊の巣窟、双嶼を攻略する……

2016年2月18日刊行

アマゾンで購入↓


上海エイレーネー

キャンパスの花は魔性の間諜か?平和の女神か?

2014年1月18日刊行

アマゾンで購入↓


カレンシー・ウォー 小説・日中通貨戦争


ご購入は以下からどうぞ

アマゾンで購入↓

Copyright(C) since 2011 OZ CAPITAL LTD.