“倭寇の海英傑列伝 朱紈”
TOP > オーズキャピタル・パブリッシング > “倭寇の海英傑列伝 朱紈”

“倭寇の海英傑列伝 朱紈”

16世紀中ごろの中国沿海で吹き荒れた倭寇の嵐、いわゆる嘉靖大倭寇に最初に挑んだ英傑、朱紈の物語。義に従い、おのが身に迫る危険を顧みずに東洋一の密貿易基地で海賊の巣窟である双嶼を攻略する。

嘉靖大倭寇期を駆けた海賊・武将・豪商などを描く連作『倭寇の海 英傑列伝』の第一弾中編小説。



電子書籍: 609 KB(紙の書籍で100ページ相当)
発行日: 2016年2月18日 初版
著 者: 大薗治夫
定 価: 250円


アマゾンで購入→ 

■目次
海 へ
漳 州
台 州
双 嶼
寧 波
双嶼攻略
遣明使
瀕海衣冠の盗
蘇州


■関連地図



■主要登場人物

◇文官
朱紈しゅがん都察院副都御史(監察を担う中央省庁の次官)。浙江巡撫(浙江省長)兼福州・漳州・泉州等の海道提督軍務(沿海の臨時軍事長官)を任じられ、海賊討伐にのりだす。
周亮しゅうりょう福建の巡按監察御史(都察院に属し地方を巡察する官職)。福建省の富商や郷紳の意向を受けて朱紈を弾劾する。
柯喬かきょう福建海道副使(福建沿海防衛の長官)。朱紈が信頼する腹心。聡明だが、やや気が短い。
魏一恭ぎいちきょう浙江海道副使(浙江沿海防衛の長官)。臆病ながらも朱紈を支える。
◇武官
黎秀りしゅう福建備倭都指揮使(福建沿海防衛の長官)。行動が慎重で、朱紈に叱責される。
盧鏜ろどう福建都指揮僉事(福建方面軍のナンバースリー)。朱紈が信頼する武将。
兪大猷ゆたいゆう広東都指揮僉事(広東方面軍のナンバースリー)。
張漢ちょうかん福清衛指揮使。猛将。
◇海賊
李光頭りこうとう双嶼の二大巨頭のうちのひとり。福建人。
許棟きょとう双嶼の二大巨頭のうちのひとり。安徽歙県出身。
◇その他
道睦どうむ僧侶。朱紈の私的な側近。身長六尺超の偉丈夫で、棍術は無双。
策彦周良さくげん
しゅうりょう
京都天竜寺妙智院の住職。嘉靖十五年度遣明船で副使、嘉靖二十八年度遣明船で正使をつとめる。
杉沢庄次郎すぎさわ
しょうじろう
大内家家臣。双嶼を拠点に貿易業を営む。頭脳明晰。


■関連記事

岑港と善妙(著者ブログから)
遣明使が八か月居座った嶴山(著者ブログから)


小説集 カレンシー・レボリューション

近代外交経済小説の表題作および『ステーツマン』『上海ノース・ステーション』の三篇を収録

2017年5月15日刊行

アマゾンで購入↓


朱紈

連作『倭寇の海』第一弾。嘉靖大倭寇に最初に挑んだ英傑、朱紈の物語。東洋一の密貿易基地で海賊の巣窟、双嶼を攻略する……

2016年2月18日刊行

アマゾンで購入↓


上海エイレーネー

キャンパスの花は魔性の間諜か?平和の女神か?

2014年1月18日刊行

アマゾンで購入↓


カレンシー・ウォー 小説・日中通貨戦争


ご購入は以下からどうぞ

アマゾンで購入↓

Copyright(C) since 2011 OZ CAPITAL LTD.