フォトギャラリー 廬山

フォトギャラリー 廬山

廬山の山々

廬山東側1 廬山東側2
廬山東側の五老峰。全長6kmの登山道を歩かなければ出会えない絶景。 同じく五老峰の景色。廬山東側にはこのような険しい山々が連なる。

廬山西側1 廬山西側2
一方で西側はこのような断崖絶壁。 美しい滝も多い。

 廬山は南北に連なる山脈であり、山脈のうえの平坦な部分に廬山の集落があって、そこから南方向へと別荘地が広がっている。集落や別荘地からみて西側は断崖であり、東側には険しい山があって、それを越えるとこちらも断崖となる。よって下山するためには尾根に沿って北に向かい九江市にでるか、もしくは逆方向の南に向かうことになるのだが、外出から戻ってきた小島がいうには、南北方向の道には検問が設けられており通行することは不可能とのことであった。西方向も警備が厳しく、逃走するためには東に向かわなければだめだろう、と小島はいった。


牯岭鎮の別荘地

牯岭鎮の別荘地 牯岭鎮の別荘地22
廬山の集落牯岭鎮にはこのような瀟洒な別荘が多数建っている。 作品中で暗殺者が蒋介石がこの坂を登ってくるのを待ち伏せた場所。

牯岭鎮の別荘地3
蒋介石・宋美齢夫妻の別荘、美廬别墅。ただし、この別荘を夫妻が入手したのは1933年頃で作品が舞台とする1931年には蒋介石はここにいなかったはず。

 深い朝霧のなか、遠くから小川のせせらぎが微かに聞こえてくる。どこかで一羽の鳥がときおりなにかを思いだしたかのようにさえずるが、耳にはいる音はそれらが全てだった。日の出の時刻はすでに過ぎたはずだ。しかしここは松の林に天を覆われ薄暗く、夜の底から抜けきれていない。


関連記事:廬山その1  廬山その2  廬山その3 

小説集 カレンシー・レボリューション

近代外交経済小説の表題作および『ステーツマン』『上海ノース・ステーション』の三篇を収録

2017年5月15日刊行

アマゾンで購入↓


朱紈

連作『倭寇の海』第一弾。嘉靖大倭寇に最初に挑んだ英傑、朱紈の物語。東洋一の密貿易基地で海賊の巣窟、双嶼を攻略する……

2016年2月18日刊行

アマゾンで購入↓


上海エイレーネー

キャンパスの花は魔性の間諜か?平和の女神か?

2014年1月18日刊行

アマゾンで購入↓


カレンシー・ウォー 小説・日中通貨戦争


ご購入は以下からどうぞ

アマゾンで購入↓

Copyright(C) since 2011 OZ CAPITAL LTD.